備長炭専門店タンタンドウ

平日15時までのご注文は即日発送!

平日15時までのご注文分はその日に出荷しています。 最短の場合、ご注文翌日の配達となります。(※地域により配達日数が異なります。) 15時以降のご注文分は、翌営業日の出荷となります。

床下調湿炭

住まいの隅々に竹炭・床下乾燥と腐食防止・室内の脱臭、結露防止効果・ダニ、カビの発生予防・マイナスイオン発生、遠赤外線効果

床下に調湿炭を敷いた様子

床下調湿炭について

 湿気の多い日本の気候は、快適な住まい造りの大敵です。エアコンの普及や住宅の気密性向上により、ますます湿気対策が欠かせなくなってきました。竹炭は除湿だけでなく、消臭やダニの発生予防にも優れ、可愛いペットとの同居も快適なものにしてくれます。さらに、体に悪影響を及ぼすシックハウス症候群の抑制にも効果を発揮します。

床下調湿炭って何?

主に住居内の湿度を調節する目的で床下に敷き詰める炭全般のことを指して、「調湿炭」、または「床下調湿炭」と呼びます。読んで字のごとく、「湿度を調節する炭」というわけです。 ご存知の通り日本の風土は多湿な気候であり、四季を通じての気温差も大きいことから、一年を通して快適な住空間を保つことはなかなか簡単なことではありません。梅雨時になれば、「畳、床がなんだか湿っぽい」、「カーペットの下はカビだらけ」、冬になると「寝室は寒い上に乾燥気味でのどが痛い」、「肌が乾燥してカサカサになる」といった具合に、湿度の加減で起こる不快な状態は皆さんも経験があると思います。雨降り湿気対策として挙げられるものに「除湿機」があり、乾燥対策として「加湿器」などの調湿機器があります。湿度の高い時期には除湿機が湿度を下げ、反対に湿度が低くなりがちな寒い時期には加湿器によって湿度を上げることで湿気や乾燥を防いでくれます。もちろんこれらの方法は有効であり、快適な状態を作ってくれるでしょう。しかしこれらの方法にも弱点があります。それは、湿度を下げることと湿度を上げることは相反することである為、その都度状況に応じて、人間が選んで対策を講じなければならないという点です。この点が快適な湿度調整を行うにあたっての最も煩わしい問題であるといえます。その上、機械的に湿度調整を行う場合には、日々ランニングコストがかかることも忘れることはできません。

 これらの問題を解決できる今注目の素材が、古来から伝わる「炭」なのです。炭は木材などを燃焼、炭化させたものであり、非常に「吸湿性(水分を吸着する性質)」が強いことが特徴の物質です。またこの炭は、吸湿性とは反対の「放湿性」にも優れていることが判っています。これがどういうことかと簡単に言うならば、「湿度の高い場所では水分を吸収して、湿度の低い場所では炭の中に閉じ込めた水分を吐き出す」ということです。このことが「炭が呼吸する」といわれる所以なのです。この炭の呼吸は半永久的に続く為、一度床下に敷設してしまえばその調湿効果はずっと続くことになります。この「吸湿性、放湿性に富む」、「効果は半永久的」という二点こそが、調湿の為に炭を用いる最も重要な理由なのです。調湿炭の中身しかし、一口に床下調湿炭といってもその材料はさまざまで、炭であれば何でも良いということではありません。炭にはそれぞれ特徴があり、目的に合わせて使用しなければその調湿効果を十分に発揮できないのです。その中でも最近特に調湿用の炭として注目されているのが竹炭です。 当店ではこの「竹炭調湿炭」を取り扱っています。

次は竹炭の持つ三つの有効性についてご説明します。

なぜ床下調湿炭に竹炭なのか?

 そもそも竹炭にはどのような特徴があるのでしょうか。「竹炭」とは材料に「竹」 を使用し、窯で焼き炭化させたものをいいますが、この竹炭には次の三つの優れた特徴があります。
  まず第一に、「湿気を吸いやすく、吐き出しやすい性質である」という点です。竹炭の表面、内部には無数の微細な穴が開いていて(多孔質構造)、この穴が余分な水分を吸着します。ここで重要になるのが放湿性です。一旦吸い込まれた水分が排出されずに竹炭の中に閉じ込められてしまっていては、調湿にはなりません。周囲の湿度に合わせ、溜め込んだ水分を必要に応じて放出して 、初めて調湿炭としての役目を果たすのです。その点、竹炭はその表面積が大きいことから通気がよく、「吸う」、「吐く」という部分において非常に優れています。ナラやカシから作られる備長炭にもこの穴は存在しますが、竹炭と比較するとその数は少ないものが多く、その調湿効果は小さいものとなります。竹炭表面拡大写真

  第二に、「持続可能性に優れている」という点です。竹炭の原料として主に使用される「孟宗竹(モウソウチク) 」は、竹の子(タケノコ)の成長に見られるように、非常に早い期間で利用可能な大きさへと成長します。十分な成長に20年程度かかるナラ、カシ、クヌギ等と比較して、その生産サイクルは短い為、環境保護に有効な選択として考えられています。また、竹の成長の早さは、価格、量ともに安定した材料の供給にもつながると言えます。

 第三に、「価格を低く抑えることができる」という点が挙げられます。竹は他の樹木に比べ生産サイクルが短いことから、比較的安価に入手することができます。生産コストを低く抑えることで、最終的にお求めやすい価格で お客様へ供給することができるのです。竹(孟宗竹)

 一口に炭と言っても紀州備長炭、土佐備長炭などの国産高級備長炭から、人口炭、活性炭など実に様々な炭製品があります。燃料用としての使用に適した炭、飲料水に入れると効果の高い炭など、その性質により使い分けが必要です。竹炭は上で述べた点から「環境に優しく、コストパフォーマンスの高い床下調湿炭」として認知されています。

 

床下調湿炭の調湿効果イメージ

湿気を吸う

【↑じめじめする梅雨時や夜間など床下の湿気が多くなる時 】

湿気を吐く

【↑晴れた日の日中など床下が乾燥しているとき 】

床下調湿炭を設置した状態

床下に調湿炭を敷いた状態
※新築住宅に設置する場合、床を張る直前が調湿炭を敷き詰めるタイミングとなります。

調湿炭を住居の床下に敷設するにあたって特別な知識は必要ありません。新築住居を建設中の場合、床を張る段階で床下に調湿炭を並べていくだけで作業は完了です。またすでに住んでいる建物であれば、一階部分の和室の畳を上げ床下に並べていくことで施工が可能です。もし一階部分が全てフローリングになっているなど、床を開くことが困難な場合でも、キッチン等の床下収納庫を外し、床下に潜り込んでいくことで工事は可能です。

新築の床下 新築の床下に調湿炭を設置 リフォーム時の畳を上げた状態
新築 設置前の状態 新築 設置後の状態 リフォーム 畳を上げた状態

※施工段階での注意点

基礎にコンクリート加工がされていない場合、防水シートを敷くことが必要になります。これは、地面の土に直接調湿炭を敷いてしまうと、炭がすぐに飽和状態となり、調湿効果をほとんど発揮できなくなってしまう為です。防水シートを敷くことで余分な水分を二重に遮断することができます。

【床下 調湿炭の使用量について】
 一坪(畳二枚3.3平方メートル)あたり、12袋が基本使用量となります。これは目安となるものですが、建物周囲の状況(川、池のそばである等)により多少増量の必要がある場合があります。

床下調湿炭 とる・トール

 

商品名 天然竹炭100% 床下調湿炭とる・トール
標準内容量 3kg(一袋あたり)
外寸 450mm×450mm×60mm
外袋材質 不織布
原材料 竹(孟宗竹)
販売価格 一坪分12袋(36kg)  7,920円(税抜7,200円)

参考価格
設置面積  5坪(10畳)の場合  ⇒  7,920円×5セット = 39,600円
設置面積 10坪(20畳)の場合  ⇒  7,920円×10セット=79,200円
設置面積 30坪(60畳)の場合  ⇒  7,920円×30セット = 237,600円

以上のように何坪分敷き詰めるかを価格の目安にすると、無理のない予算で快適な湿度環境に近づけることができます。
※床下調湿炭を敷く場合、防水シート等で地面からの湿気を防ぐことで効果が増します。特に地下水がしみ出るような場合、工務店様にご相談の上設置して下さい。

ご注文はこちら

 

床下調湿炭とる・トール 一坪分36kg(3kg×12袋)
税込価格 7,920円

床下調湿炭 天然竹炭100%

ご注文、お見積りのご依頼はお電話にて承ります


 

床下調湿炭 よくあるご質問

Q1.調湿炭を敷くことで、シロアリやダニの発生を抑えることはできますか?

A1.シロアリやダニは湿気の多い所にしか生息することはできません。竹炭の持つ調湿効果によって周辺部の湿度が低く抑えられる為、シロアリ、ダニ等の害虫は住みにくい環境になると言えます。

Q2.調湿炭は床下の腐食の防止効果がありますか?

A2.竹炭がマイナスイオンを発生することは知られていますが、マイナスイオンは酸化を防ぐ役割もある為、床下の腐食防止効果も期待できます。

Q3.調湿炭を敷き詰めた場合、冬の底冷え対策にもなりますか?

A3.竹炭には「ハニカム構造」と呼ばれる無数の小さな穴が開いていて、この穴が多くの空気を含むことで断熱効果が生まれます。じわじわと地表から伝わってくる冷気を竹炭で遮断することになりますので、冬の底冷え対策としても効果的です。

Q4.自分で調湿炭を施工することはできますか?

A4.調湿炭は三重構造の不織布に入っていますので手が汚れにくく、設置作業はそれほど難しいものではありません。床下に入っていくことさえできれば特別な技術 は必要はありません。

Q5.床下に炭を敷き詰めると聞くと防火面で不安を感じるのですが?

A5.炭と聞くと「燃えやすいもの」と思われがちですが、調湿炭に使われている竹炭の着火温度は普通の木材の着火温度より100度以上も高いため、調湿炭から燃えるということは考えにくい ことです。キャンプなどの際、炭に火を着けようとしてもなかなか火が着かないといったことを考えると分かりやすいかもしれません。

Q6.浴室周辺の床がカビだらけになっています。調湿炭で回復はできますか?

A6.カビは湿度65%以上の条件下で発生すると考えられています。脱衣所などのお風呂周辺の床下に調湿炭を敷き、こまめに換気を行うことで大部分改善できる場合が多い ようです。

Q7.調湿炭の効果はどれくらい続きますか?

A7.竹炭は自重の15%の水分を吸収することが可能です。これは一袋3Kgあたり450ccの水分を含むことができる計算です。周囲の水分をふんだんに取り入れた炭は、気温が下がり湿度が下がるに従いその水分を放出します。この作用が繰り返し行われます 。そのため、一度使った調湿炭は何ヶ月で交換といったような期限があるものではありません。適切な環境での使用であればその効果は半永久的であるといえます。

Q8.竹炭調湿炭に保証はありますか?

A8.万一商品到着時に袋が破れていて使用できないといった場合のみ、保証(良品と無料交換)させていただいております。調湿炭の効果は使用する環境に応じて程度の差が生まれます。また、効果の感じられ方も人それぞれですので、「期待していたほどの効果を感じない」、「変化が感じられない」といった感覚的な部分でのご返品はご遠慮いただいております。

Q9.施工時間はどれくらいかかりますか?

A9.すでに住んでいる建物の場合、畳を上げて床下へ入り調湿炭を敷き詰めるだけですのでそれほど多くの時間はかかりません。建設中の新築住居の場合は床下に並べていく作業だけですので、作業時間はさらに短くなります。いずれの場合でも、特別広い面積でない限り、二人で作業して数時間で完了するといったレベルです。

Q10.二階部分にも効果はありますか?

A10.一階部分の床下に調湿炭を敷くことで二階部分にもその効果は及びます。空気中の水分は重く下へ下がる性質があり、全般的に湿気は一階床付近に貯まりがちです。そこに貯まった水分を吸い込むことで家屋全体にわずかな対流が起こります。従って一階部分の湿った空気を適正なものにすることで建物全体の調湿を行うことができるといえます。

Q11.押入れの中に入れておいても効果はありますか?

A11.これも十分効果があるといえます。ただ、押入れの中の布団が湿るなどの場合は床下の調湿に加え、市販されている押入れ専用の除湿材をご使用される方が早く効果が現れると思います。

Q12.一坪あたりの使用量を半分程度にした場合、効果はありませんか?

Q12.炭の量が減るということは、水分を吸ったり出したりする量そのものも減ってしまうということになりますので、やはり効果は半減する場合が多いようです。できる限り標準使用量でのご使用をおすすめします。

商品、お取引についてのお問合せはメールでも受け付けています。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。 ⇒ お問合せフォーム

タンタンドウ インフォメーション

お支払い方法

代金引換、銀行振込(前払い)よりお選びいただけます。代金引換をご利用の場合は代引き手数料440円がかかります。
税込8,000円以上のご注文で代引手数料が無料となります。

送料について

全国一律 880円(北海道は550円加算/一個口ごと)
税込2,000円以上のご注文で全国送料無料でお届けします。
(※船便等の中継が必要となる沖縄県、離島、および一部地域につきましては別途中継料金を頂戴いたします)

ご注文・お問い合せについて

インターネット・FAXでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間で承ります。日・祝日のご注文、お問い合わせは翌営業日の受付となります。

お電話でのお問い合わせ・ご注文はフリーダイヤル0120-765-405

FAXによるご注文も受け付けています。下記のFAX発注書を印刷してご利用下さい。

タンタンドウFAX発注書(PDF)

配送について

月曜~土曜の15時までのご注文分は その日のうちに出荷させていただきます。休日、営業時間外のご注文分は、翌営業日の発送となります。

当店の営業日カレンダー

3月の定休日 7日、14日、20日、21日、28日

4月の定休日 4日、11日、18日、25日、29日

5月の定休日 2~5日、9日、16日、23日、30日

【日曜・祝日定休】